​社会福祉法人 千寿会

お電話は 052-601-8800

お電話は 052-601-8855

法人名:社会福祉法人 千寿会

ザ ストーリー東海

所 在 地:〒476-0011 愛知県東海市富木島町新藤塚30番

TEL 052-601-8800 FAX 052-601-8808

事業内容 

特別養護老人ホーム ザ ストーリー東海  

平成30年3月1日開設

(地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護2394100172)

定員29名 

3ユニット(ジャズ-10名・ボサノバ-10名・ブルース-9名)

● グループホーム ザ ストーリー東海    

平成30年4月1日開設

(認知症対応型共同生活介護 2394100180)

定員18名 

2ユニット(ワルツ-9名・サンバ-9名)

● 小規模多機能 ザ ストーリー東海     

平成30年4月1日開設

(小規模多機能型居宅介護 2394100198)

登録定員25名 通い利用定員15名 宿泊利用定員9名

エチュード上野台(併設)

所 在 地:〒476-0011 愛知県東海市富木島町新藤塚30番

 TEL 052-601-8855 FAX 052-601-8808

事業内容  

● 認可保育所 エチュード上野台        

平成30年4月1日開設

定員30名 

(0歳児=6名 1歳児=10名 2歳児=14名)

​リニューアル中

​リニューアル中

​リニューアル中

施設紹介

ザ ストーリー東海、エチュード上野台では、小さな園児から、施設のご入居者者様、ご面会者様など、幅広いご年齢層の方々に、多世代交流の場として安心して施設をご利用いただけるよう、玄関、廊下などの共有スペースや入居スペースなどにバリアフリー設計を取り入れております。

 
季節の行事食紹介

第1回 ザ ストーリー カフェ開催決定!


認知症カフェを見据えたイベントとして企画しました。第1回目の開催日は1月16日(木)を予定しています。
初回なので試行錯誤しながらの実施になると思われますが、普段のユニットでの生活を離れ、同じ施設内ではあるけれどどこか懐かしい雰囲気を味わえるカフェスペースを用意し、お茶とおやつの提供を行います。
目的としては外出機会の少ない入居者様方が少しでも日常との違いを感じ、気分転換を図る場を作る事ですが最終的な目標は地域の方々を呼び交流を深め、地域密着型の施設としての多目的な場の提供を広めていきたいという趣旨があります。
現段階では入居者様やその家族、職員の交流の場として機能していけたら良いと思っています。段階を踏んで地域との関りを深めていきたいです。

管理栄養士 水谷 詩依菜

特別養護老人ホーム紹介

地域密着型特別養護老人ホームならでは。施設近隣に住まわれてみえる方々、市内在住の方々が集まり、住み慣れた地域、環境のもと、「昔は、こうだった。ああだった。」と、昔話に花を咲かせてみえます。中には、入居前から顔なじみの方もみえ、日々の生活をエンジョイされてみえます。
ご入居スペースは3ユニット存在しており、どのユニットをご利用されてもご入居者さま、お一人おひとりが、その方らしい日常生活を送っていただけけるようユニットケアに根ざした生活支援に心掛けています。また、生活行為の維持、向上を目的とした機能訓練士による機能訓練を実施しております。

1日のはじまりは、整容されてからの朝食。朝食後は、少し休憩した後に、ラジオ体操を毎日、イッチ、二ッ、サン、シ、と運動されてみえます。運動後は、ティータイムでリラックスタイム。リラックス後には、読書、ものづくり、機能訓練、中にはご自分で塗り絵を用意され、脳トレーニングされてみえる方もみえ、各々、ご自分の時間を満喫されてみえます。
気付いた時には、もう、お昼。お昼を食べたら、午前中の続きをされる方、入浴される方、散歩をされる方とご自分の生活リズムで過ごされてみえます。
その他には、ボラティア様によるイベント、クラブ活動などに参加され、普段の 暮らしとは、ひと味違った特別な時間を楽しまれてみえます。1日を楽しまれ後は、ゆったりと夕食を楽しまれ、食後はソファーでTV観賞。
あくびが出始めたら、ベッドにて休まれ、明日の英気を養われてみえます。

機能訓練

特別養護老人ホームでは、ユニット単位で機能訓練指導員による個別機能訓練・集団体操を実施いたしております。
個別機能訓練では、ご利用者様お一人おひとりのニーズを把握させていただいた上で、訓練計画を作成し、ご利用者様の身体機能に合わせたプログラム提供をさせていただいております。

集団体操では、同じ訓練課題を抱えてみえる方々、3~5人に集まっていただき、訓練内容に応じられる形で構成された、グループ単位で行う体操や、ユニット内のご利用者様の参加、全身を使うことを目的とした、ユニット単位で行う体操を実施いたしております。
どちらの体操を行う際も、ご利用者様のペースにて参加していただいており、体操の最初から、最後まで、元気よく参加される方や、体操の途中で疲れてしまい、一旦休憩をとられてから、再度参加される方など様々です。どのご利用者様も、笑顔が絶えず、日々楽しそうに体操へ参加されてみえます。

個別機能訓練風景

集団体操風景

居住環境

グループホーム紹介

グループホーム ワルツでは、ご入居者様お一人ひとりの生活リズムに沿った、暮らしのサポートをさせていただいております。ここから、ワルツでの暮らしの様子を1日の流れに沿って紹介させていただきます。

ワルツでの朝は、ご入居者様お一人ひとり、ご希望の時間に沿って、朝の支度をサポートさせていただいております。起床後は、朝食までの間、フロアにてテレビを観て過ごされたり、他の入居者様と会話されたりして、朝のひとときを満喫されております。

朝食後からは、ご入居者様に生活していく上で必要な、さまざまな役割を担っていただき、炊事の場面では、女性のご入居者様が中心となって曜日ごとに、お米をかしていただいたり、配膳準備をして下さります。お洗濯物は、各自ご自分でたたんでみえます。
あれこれしていると10時付近となり、作業の手を休め、お茶を飲まれて一服されてみえます。
ティータイムが終わると、昼食前のラジオ体操と口腔体操に取り組まれてみえます。
夕食前にも、機能を維持する体操と口腔体操に参加されてみえます。
もちろん、日々のレクリエーション、プログラムや、毎月1~2回開催させていただいている行事やイベントへも楽しんで参加していただいております。

このようにお手伝いなどの暮らしの中の役割や、体操、プログラム、行事などへの参加を楽しみにされてみえたりと、みなさまイキイキとワルツでの暮らしを堪能されてみえます。

 
 
エチュード上野台園長 ごあいさつ

園長を務めさせていただいております、塩田代里子と申します。
平成30年度に開園した0歳児から2歳児までの認可保育所です。卒園後は近隣の3つの保育園に優先的に入園できます。特別養護老人ホームと併設しており、利用者の方々や介護職員との交流があり可愛がっていただいております。

私は保育園に子どもを預けて看護師の仕事に就いておりました。仕事と子育ての両立は大変で、子どもが病気になるたびに仕事は無理かもと悩んだり泣く我が子を見て、心が痛んだりした記憶があります。保育に携わるようになって、先生達一人一人が子どもを尊重し、育む保育をしてみえて安心しました。
当園の保育士は、若手から経験豊富なベテランまで11名在職しております。子どもの思いを受け止め、子どもが安心して過ごす中で、主体性を十分発揮できるようにしています。
季節ごとの行事も取り入れ、子どもが楽しみながら生活できるようにしたり、リトミックを取り入れ、専門の講師を招いて音楽遊びをしています。保護者の皆様とも、毎日子どもの様子を伝えあい、安心と信頼感を持っていただけるように努めています。

エチュード上野台  園長 塩田 代里子

エチュード上野台紹介

エチュード上野台の1日

8:00   順次登園

早朝保育は7:30からとなります。

9:30   おやつ

10:00    遊び

室内遊び・園庭遊び・散歩などを楽しみます。

季節行事や毎月の誕生会などもあります。

11:00  昼食 

施設内で作る美味しい給食を食べます。

0歳児には月齢に合った離乳食が作られます。

12:00    午睡 

しっかり休んで、沢山遊んだ疲れをとります。

14:45    おやつ 

15:15    室内遊び

お部屋でゆったり遊びながら、お母さんのお迎えを待ちます。

16:00    順次降園

延長保育は19:00までとなります。(17:00 おやつ)

お母さん達が働かれてる間、保育士やお友だちと楽しく過ごしています♫

保育室

水遊び(夏季)

利用者さんとの交流 

園庭

誕生会

リトミック(2歳児) 

​リトミック(0・1歳児)

​体操教室(2歳児)

​社会福祉法人 千寿会

© 2016 社会福祉法人千寿会 All Rights Reserved.